日経ビジネス 1999/08/30号

総力特集 金融大統合の衝撃
成立までの内幕 興銀が触媒に、“弱み”補完し合った統合劇 都銀2行が資金調達基盤を提供、興銀は投資銀行機能を差し出す
成立までの内幕

 今年5月5日こどもの日。3人の白髪のバンカーたちが相前後して都内のホテルを訪れ、予約していたスイートルームに消えていった。日本興業銀行の西村正雄、第一勧業銀行の杉田力之、富士銀行の山本惠朗の3頭取である。 初めて一堂に会した頭取たちが話し合ったテーマは「3行統合」。(10〜12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4322文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
日本興業銀行
update:19/09/24