日経ビジネス 1999/09/06号

特集 オフィスを絞れ!
経営を変える 上級編
業務改革なくして成功なし

 オフィスコストの削減がある程度まで進むと、経営の根源的なテーマに突き当たる。仕事の目的は何か、オフィスは何のためにあるか、ということだ。 例えば、外出先で顧客と接している時間が長い営業マンなどの場合、賃貸料の高い本社に決まった机を持つ必要があるのか、という疑問が出てくる。(33〜36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6383文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24