日経ビジネス 1999/09/06号

第2特集 金融監督庁の真実
威力抜群の金融検査マニュアル
民間の知恵活用、誰でも検査が可能に

 金融行政の変貌ぶりを象徴するのが、金融監督庁が今年4月に公表した金融検査マニュアルだ。 なぜ、監督庁は金融検査マニュアルを作ったのだろうか。この答えを探るうえで、興味深いエピソードがある。今も多額の不良債権に苦しむある財閥系銀行の役員が、バブル崩壊後の1990年以降、大蔵省の検査官をどうやりすごしたかを語ったものだ。(45〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4671文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
自民党
update:19/09/24