日経ビジネス 1999/09/06号

ビジネス・リポート “絶好調”アウトレットの功罪  
“絶好調”アウトレットの功罪
「儲け」に酔えば、ブランド力失墜など「本末転倒」に

 百貨店やスーパーなど、小売業の業績がなかなか上向かない中、アウトレットという新業態がひとり気を吐いている。アウトレットとは、前シーズンの在庫品や既に製造を中止した廃番品、キズや汚れが付いたB級品などをメーカーが直営で安く販売する店舗のことだ。(116〜119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5111文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24