日経ビジネス 1999/09/06号

新社長登場 人物
武田 正利氏[鐘淵化学工業]
変化への対処極め、好調維持できるか

 5期連続増収増益——。厳しい経済環境下にありながら、中堅化学会社の鐘淵化学工業は、1999年3月期の連結売上高3429億円、同純利益は84億円と好調に業績を伸ばしている。食品用添加剤や医薬品の中間材料など、付加価値が高い特殊な化学品に的を絞り、国際展開する戦略が奏功しているためだ。 今年6月からこの会社の舵取りをしているのが、武田正利氏である。(154〜155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1393文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
update:19/09/24