日経エレクトロニクス 1999/09/06号

解説 技術者の法律知識
iMac裁判で注目される 「ランハム法」の解釈
パソコン本体の模倣はクロ,周辺機器やテレビは灰色か

 パソコンが事務用ワープロ,表計算機からインターネット接続機器へと姿を変えた。オフィスから家庭へ,そして家庭のなかでも書斎からリビングルームへと浸透しつつある。こうした時代背景から,斬新なデザインを売り物にするパソコンが登場している。米Apple Computer,Inc.の「iMac」やソニーの「VAIO」が代表例といえる。(37〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9926文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > Macintosh
【記事に登場する企業】
米アップル社
小島国際法律事務所
update:18/08/07