日経ビジネス 1999/09/20号

トレンド 海外上場
欧米で「安定株主」獲得するトヨタの思惑 固定株比率引き下げ、体力低下の国内金融に見切り?

 トヨタ自動車はニューヨークで海外投資家向けの特別イベントを準備中だ。同社幹部がニューヨーク証券取引所内のバルコニーに上り、取引開始のベルを鳴らす場面にもお目にかかれそうだ。 市場のグローバル化が急進展するなかで、トヨタが「海外での安定株主づくり」(ドレスナー・クラインオート・ベンソン証券の自動車株アナリスト、持丸強志氏)に乗り出した。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1745文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
ニューヨーク証券取引所
update:19/09/24