日経ビジネス 1999/09/20号

トレンド ビタミン・カルテル
米司法省が狙う?日本幹部初の禁固刑 欧州企業ですでに2人、恐怖におののく製薬3社

 米独占禁止法というサメを欺こうとしたら、最後は「因幡の白ウサギ」のように皮まで剥ぎ取られそうだ——。日本の製薬3社は今、こんな恐怖と悔恨を味わっているのではないか。 武田薬品工業、エーザイ、第一製薬は9月10日、ビタミン剤の国際カルテル行為について米司法省との司法取引に応じた、と発表した。罰金は3社合計で1億3700万ドル(1ドル=110円換算で約150億円)。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1796文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
エーザイ
米司法省
武田薬品工業
第一製薬
update:19/09/24