日経ビジネス 1999/09/20号

トレンド 提携戦略
 日産再建“第2の切り札”ルケマン氏とは 斬新なデザインでルノーを復活、ゴーン氏に並ぶ陰の実力者

 技術水準は十分だが、デザインに個性がない——。仏ルノーから日産自動車に送り込まれたカルロス・ゴーン最高執行責任者(COO)は日産車に対する厳しい評価をしばしば口にする。 資本提携後、両社の間では車台(プラットフォーム)の共通化や部品の共同購入、流通・販売網の相互利用など、様々な分野で提携戦略を模索している。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1632文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
日産自動車
仏ルノー社
update:19/09/24