日経ビジネス 1999/09/20号

敗軍の将、兵を語る 人物
大坪 茂氏[日営建設社長]
拓銀の破綻が致命傷に JR依存を脱却できず破産

 JR関係を中心に、建設工事と営繕工事を手がけてきた日営建設は自己破産を申請し、8月4日に東京地裁から破産宣告を受けました。 経営環境が悪化する中で、いろいろな手を尽くしてきたつもりですが、結果としてこのような事態になってしまいました。これまで支援してくださった金融機関や取引先の皆様および株主の皆様にご迷惑をおかけして、大変申し訳なく思っております。(157〜160ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5255文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24