日経ビジネス 1999/10/04号

時流超流・トレンド 多重債務防止
消費者金融、優良顧客の信用情報も公開へ 信販・カード会社や銀行など個別企業とデータベース接続

 消費者金融業界の個人信用情報を管理している全国信用情報センター連合会(全情連、東京・千代田区)は、信販会社、クレジットカード会社、銀行など異業種の企業に対して、個人信用情報を公開することを決めた。 開示対象には、延滞、破産などの事故を起こしていない、いわゆる「ホワイト情報」も含まれる。(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1722文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
全国信用情報センター連合会
update:19/09/24