日経ビジネス 1999/10/04号

時流超流・トレンド 金融破綻
失敗だらけの長銀処理、史上最大4兆円投入の愚 それでも困難な生き残り、リップルウッド陣営への譲渡で融資条件も厳しく

 迷走を続けていた日本長期信用銀行の譲渡先がようやく、米投資会社のリップルウッド・ホールディングスが中心となって設立したニュー・LTCB・パートナーズに決まった。同社には今後、GEキャピタルやドイツ銀行など10社近い外資系金融機関が出資する。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3132文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
新生銀行
ドイツ銀行
ニュー・LTCB・パートナーズ
米リップルウッド・ホールディングス社
update:19/09/24