日経ビジネス 1999/10/04号

時流超流・トレンド 危機管理
台湾大地震で省みる日本企業のお寒い対策 リスクマネジメント会社の需要は不動産証券化に集中

 死者2000人以上を出した台湾大地震をきっかけに、日本企業の震災被害リスク対応が改めて問われている。 日本にはもともとなかった、企業の地震リスクを予測し、被害軽減策を講じるマネジメント会社が、近年相次いで日本で営業を開始した。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1688文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
【記事に登場する企業】
応用地質
鹿島建設
住友商事
三井物産
三菱商事
update:19/09/24