日経ビジネス 1999/10/04号

時流超流・トレンド e革命の波
急増するインターネット告発の裏に潜む危険性
度を越すと恐喝、プライバシー侵害に

 ある大手ハンバーガーチェーンでは近く、インターネット上で自社に対する悪い噂などが流れていないかを自動的に調べるシステムの運用を始める。 「当社の信用に大きな打撃を与えかねない情報を流されても迅速に対応できる仕組みの必要性を強く感じたからだ」と、同社のシステム部長は苦笑いする。(212〜213ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3052文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > その他(インターネット関連の事件・事故)*
update:19/09/24