日経ビジネス 1999/10/25号

時流超流・トレンド
住銀・さくら銀合併で 激変する「金融大再編」の構図
影響もろに受ける三和銀、生保・損保など他業種も巻き込む

 「今度ゆっくり2人きりで会いましょう」——。8月23日夜、東京・台場に開業した女性向けの商業施設、「ヴィーナスフォート」のオープニングセレモニー会場で、開発主体である森ビルの招きで出席していた住友銀行の西川善文頭取とさくら銀行の岡田明重頭取は、こんな短い会話を交わした。 時あたかも、日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の3行が統合を発表した直後。(8〜12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5337文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
日本興業銀行
森ビル
update:19/09/24