日経ビジネス 1999/10/25号

時流超流・トレンド 人ニュース 消えるスーパー創業者
拡大路線が挫折、小林マイカル会長退任  30年来の片腕、宇都宮社長が引導渡し経営再建を加速へ

 大手スーパー、マイカルの創業者の1人、小林敏峯会長が10月15日付で取締役を退任し、新設した最高顧問に就いた。表向きは「健康上の理由」とされているが、小林氏の拡大路線を方向転換しようとした宇都宮浩太郎社長との対立が原因という見方が強い。 「議論はしていたが対立はなかった」。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1713文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食料品店・スーパー
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > 食料品店・スーパー
【記事に登場する企業】
マイカル
update:19/09/24