日経ビジネス 1999/10/25号

経営戦略 ケーススタディー・ソフトバンク 第2章
日米ネット株へ依存強める
ひとたび急落すれば大ピンチに

 純粋持ち株会社制度をテコに新しい経営スタイルを追求するソフトバンク。そこに死角・盲点はないのか。 株式市場を見る限り、ソフトバンクに対する評価は高い。今年6月、株価は上昇に転じ、4カ月余りで時価総額が2兆円も増えた。(65〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4189文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > オンライン株取引
【記事に登場する企業】
格付投資情報センター
ソフトバンク
update:19/09/24