日経ビジネス 1999/10/25号

経営戦略 復活の研究
三井化学
シビアな業績管理奏功、リストラ軌道に

 9月29日午前9時。東京・霞が関ビル21階にある三井化学の大会議室に、200人に及ぶ役員や幹部が集まった。 東側の窓を背にした、楕円形のテーブル中央に座っているのは幸田重教会長と中西宏幸社長。その隣には今年6月に三井物産副社長から転じた渡邊五郎副会長の姿も見える。さらに常務以上の役員と監査役、そして全国の8工場の工場長が並ぶ。(72〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6946文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
住友化学
三井化学
三井物産
update:19/09/24