日経ビジネス 1999/10/25号

体 診察室
長引く夏カゼ
熊本大学医学部第一内科教授 安藤  正幸

 夏の半ばから、断続的な微熱や咳に悩まされているEさん(46歳)。「夏カゼかな」と思い、市販のカゼ薬を飲んでいたが、なかなか良くならない。そう言えば、妻も最近具合が悪そうだ。 初夏から秋口にかけて、これといった理由もなく微熱や咳がだらだらと続く場合、一度は次の項目をチェックしてみるといい。(164ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1342文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
熊本大学
update:19/09/24