日経ビジネス 1999/10/25号

時流超流・トレンド リストラ
日産が示した「さらば持ち合い」の意味 株式大量処分、資本提携に固執する日本企業に一石

 1394社対4社——。仏ルノーから資本を受け入れた日産自動車の最高執行責任者(COO)、カルロス・ゴーン氏は、今月18日の大掛かりなリストラ策発表の席上、「株式保有は戦略にあらず」とし、系列部品メーカーなど1394社のうち4社を除いて株式を原則売却すると宣言した。(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1538文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
【記事に登場する企業】
日産自動車
仏ルノー社
update:19/09/24