日経ビジネス 1999/11/08号

時流超流・トレンド 廃業危機
蔵元襲う乙類焼酎の2001年問題 酒税率アップ、廃棄物海洋投棄禁止のダブルパンチ

 根強い人気を誇る乙類焼酎。その蔵元に壊滅的な打撃を与え、廃業に追い込みかねない「2001年問題」が2つも迫っている。 1つは、1989年に時限立法で制定した租税特別措置法(租特法)87条が2001年3月で時限切れになること。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:979文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
update:19/09/24