日経ビジネス 1999/11/08号

時流超流・トレンド 人ニュース 企業買収の余波
 ファミリーマート新社長が抱えるジレンマ 業績伸ばすほど伊藤忠とセブンイレブンの関係疎遠に?

 「何をしたらセブン−イレブン・ジャパンが嫌がるか。彼はだれよりもよく分かっている。コンビニエンスストアの社長として、やりにくいだろうな」。伊藤忠商事のある長老は、今年10月にファミリーマート社長に就任した田邉充夫氏(54歳)を思いやる。 伊藤忠は昨年2月、セゾングループからファミリーマートの株式30%を取得し傘下に収めた。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2822文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
セブン-イレブン・ジャパン
ファミリーマート
update:19/09/24