日経ビジネス 1999/11/08号

経営戦略 小さなトップ企業
タック(宅配便伝票、接着荷札の製造販売)
即応体制が武器、大手製紙系列に対抗

 宅配便を利用する際に送付先など必要事項を書き込んで荷物に張り付ける「宅配便伝票」の製造で約80%のシェアを持つのが、粘着加工品メーカーのタック(愛媛県川之江市、石津隆徳社長)である。今では1社を除くすべての宅配便業者の伝票を取り扱う。配送伝票を最終的に宅配便業者に対して納入するのは大手印刷会社であるが、配送伝票の台紙部分はタックが製造を担っている。(60〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2994文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 運輸サービス
update:19/09/24