日経ビジネス 1999/11/08号

素顔の新社長 人物
正野 寛治氏[三菱化学]
明るさで周囲引きつけ、収益力強化

 東京工業大学を1959年に卒業した同期生から今年、3人の社長が誕生した。4月に日立製作所の庄山悦彦氏、5月に千代田化工建設の西尾清光氏。そして、6月に総合化学最大手、三菱化学の社長に就いたのが、正野寛治氏である。 この3人組に共通するのは、社長就任時期や出身学部だけではない。それぞれの会社が非常に厳しい時期に担ぎ出されたことだ。(110〜111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1422文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
千代田化工建設
日立製作所
三菱化学
update:19/09/24