日経ビジネス 1999/11/08号

短期連載
こんなISOは要らない──下
審査のバラツキ、勝手な解釈 企業を悩ます国際標準のウソ

 一度取ったISOの認証を返上する——。そんなことを表明した企業がある。その企業とは、中部電力だ。 返上といっても、ISOを完全にやめるのではなく、審査機関の審査を受けるのをやめたのだ。その代わり、ISOの求める仕組みを自社だけで確立、監査することにした。この社内認証を「自己宣言」方式と呼ぶ。(122〜125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6054文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
中部電力
update:19/09/24