日経ビジネス 1999/11/08号

時流超流・トレンド 戦略転換
 ネット事業に注力するCSKの大胆な思惑 端末にドリームキャスト利用、米国勢を一発逆転狙うが…

 10月1日、CSKは傘下のセガ・エンタープライゼスのネットワーク事業部門を分離独立させ、CSK70%出資の新会社に営業譲渡させた。新会社は、通信ネットワークを使ったゲーム以外のサービス事業をすべて手掛ける。これは、セガの家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」を使うネットビジネスの大半を、CSK自身で手掛けるという強烈な宣言にほかならない。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1451文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
CSKホールディングス
セガゲームス
update:19/09/24