日経ビジネス 1999/11/22号

時流超流・トレンド 人ニュース 出遅れ挽回
急遽登板の日商岩井社長は意外な剛腕  2000年度に持ち株会社制へ一番乗り、ストックオプションも

 「発表では伊藤忠商事に先を越されたが、実行は我が社が一番早いはずだ」。日商岩井の安武史郎社長(58歳)がこう強調するのは、持ち株会社制度の導入のことだ。同社は2000年度に持ち株会社を設立し、その傘下に、機械・情報、金属、生活産業、エネルギー・化学品などの分野をそれぞれ担当する事業会社を置く方針を固めた。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1759文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
update:19/09/24