日経ビジネス 1999/11/22号

時流超流・トレンド e革命の波 シリーズネット起業家
 日本の教育に疑問、米国体験生かし新風 まず資格予備校、難関の米国公認会計士試験で合格率8割

 全米平均の合格率は10%程度という難関だが、試験会場の1つであるグアム大学に、揃いのテキストを抱えた73人の日本人が訪れ、そのうち8割近い56人が合格したのだ。彼らは大手銀行や商社の中堅社員、半分近くは海外駐在員たちだ。グアム大学が日本語で開講している「米国公認会計士インターネットコース」の受講生だった。(188ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1571文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
update:19/09/24