日経トップリーダー 2000/01号

特集
会計ビッグバン
大企業との取引条件が悪化 年明け早々にも影響が深刻に 山下勝弘 公認会計士・税理士

 いよいよ「会計ビッグバン」が現実のものとなる日が近づいてきた。株式を公開している企業は、二〇〇〇年三月期以降、従来より格段に詳細な情報開示を義務づけられる。経営実態を外部から正確に把握できるようにするため、会計のルールが大幅に改められたからだ。 中小企業経営者の大半は、「うちには関係がない話だ」と思い込んでいる。(18〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5898文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
update:19/09/24