日経トップリーダー 2000/01号

特集
環境問題
廃棄物規制などの新法が続々 大企業などの動きに遅れるな 深尾典男 日経エコロジー編集長

 九九年秋の臨時国会は「中小企業国会」と位置づけられたが、二〇〇〇年一月に始まる通常国会は、さしづめ「リサイクル国会」である。企業に対して、廃棄物の再商品化などを求めるリサイクル関連の法案(左の表参照)が続々と提出される予定だからだ。 例えば「食品廃棄物再商品化法」は、小売りや外食などの企業に対して、食品廃棄物の再商品化を義務づける。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5185文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/09/24