日経トップリーダー 2000/01号

ニュース
警察が新株式市場に警鐘 暴力団がひそかに出資、キャピタルゲイン狙う恐れも

 東京証券取引所の「マザーズ」や、ソフトバンクが全米証券業協会などと準備中の「ナスダック・ジャパン」など、ベンチャー企業育成のための新しい株式市場の構想が相次いでいるが、警察庁と警視庁が「新市場が暴力団の新たな資金源になる可能性がある」(警視庁の山本祥博暴力団対策課長)と懸念している。 警察当局は九九年一一月に東証や日本証券業協会などに注意を呼びかけた。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:764文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
警視庁
ソフトバンク
大証ヘラクレス
東京証券取引所
日本証券業協会
update:19/09/24