日経パソコン 2000/02/07号

ニュース Newseye
ポータルサイトによるテレビCMが活発化 狙いは将来のインターネット利用者に対する「ブランド」の浸透

 「あれほどの宣伝活動だと費用は10億円を超えているのでは」——。検索系ポータルサイト「ライコス」が昨年10月末から流した大量のテレビCMに対する同業他社の見方だ。10億円を超える金額はライコスジャパン自身が否定しているものの、かなりの額であることは間違いない。ライコスのほかにも、最近はポータルサイトによるテレビCMが盛んだ。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:908文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
インフォシーク
ライコスジャパン
update:19/09/25