日経パソコン 2000/03/20号

NEW PRODUCT
1200dpiの解像度を持つ USB接続のスキャナー
キヤノン

 「CanoScan FB1210U」は1200dpiのCCDを搭載するUSB接続タイプのフラットベッドスキャナー。光学解像度は1200×2400dpi。階調はRGB各色14ビット入出力。読み取り原稿はA4判。本体寸法は幅286×奥行き461×高さ92.5 mm、重さは約3.8kg。透過原稿ユニット「FAU−S11」(1万円)を使えばネガやポジフィルムも読み取れる。(130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:246文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 動画像入力機器 > スキャナ*
【記事に登場する企業】
キヤノン
update:19/09/25