日経デザイン 2000/04号

特集 研究1
SOHOとモバイルで先端を行く 岡山市に住むデザイナーがSOHOとモバイルで、 新たなデザインビジネスの構築に挑む。 軽やかなフットワークに未来のデザイナー像を見た。
御来屋デザイン事務所

 岡山市内の住宅地に、御来屋デザイン事務所はある。本多英二代表がデザインワークを行い住み暮らすスペース、いわゆるSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)の形を採っている。1階の事務所をのぞくと、Macでパッケージやグラフィックを制作するシステム3組が整然と並んでいる。しかし、現在、従業員を採用しておらず、すべて本多代表が使用するツール。詳細は下図のとおりだ。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1527文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
update:14/03/27