日経コミュニケーション 2000/04/17号

通信サービス 専用線
NTTコム,専用線を値下げ 64k〜1.5Mを最大41%
専用線

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は4月1日,ディジタル専用線の月額利用料を値下げした。 値下げの対象は,64k〜1.5Mビット/秒の高速ディジタル専用線のほぼ全距離区分(Yインタフェースを除く),64k〜128kビット/秒(シングルクラス),64k〜1.5Mビット/秒(バリュークラス)のディジタルリーチ(DR)の600km超区間――である(表3,表4)。(179〜180ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:410文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > その他(企業向けインターネット接続インフラ‐有線ブロードバンド)
【記事に登場する企業】
NTTコミュニケーションズ
update:14/03/27