日経トップリーダー 2000/06号

経営指南
株式公開
株式公開を勧められているが どうすべきか悩んでいる(小売店社長)

 株式公開の一番のメリットは、公募による時価発行増資、転換社債の発行など多様な手段で資金調達することが可能になることです。貴社のように当面大きな資金需要がない場合、資金調達は株式を公開する理由になり得ません。 しかし、株式公開には、ほかにも社会的な信用力や知名度の向上というメリットがあります。これによって、例えば、新しい取引先の開拓がしやすくなります。(116ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1073文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
update:18/08/06