日経パソコン 2000/06/12号

ニュース・トレンド
映画並みの映像目指す描画チップ
インテルの躍進と加速度的なチップの複雑化に脱落するメーカーも

 米エヌビディアと加ATIテクノロジーズが4月末に新世代のチップを発表した。新チップの売りは3D(3次元)画像の品質の高さ。速度の向上によって得られる表現力の豊かさ、つまり光の反射や風景の写り込み、物体表面の凹凸などをいかにリアルに表現できるかがポイントになっている。 米エヌビディアが4月25日に発表した「GeForce2 GTS」の特徴は「ピクセルシェーディング」機能。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2058文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
加ATIテクノロジーズ社
米エヌビディア(NVIDIA)社
update:19/09/25