日経MAC 2000/09号

News Eye
IMT−2000
2001年5月にスタートする新携帯電話 2方式併存がサービス競争につながる?

 次世代携帯電話サービス「IMT−2000」(International Mobile Telecommunications 2000)が姿を現し始めた。郵政省は2000年6月末,IMT−2000のサービス提供に必要な無線免許を,NTTドコモ,J−フォン,KDDI(セルラー電話8社および日本移動通信)の3グループに割り当てた。現在,各事業者は準備を進めており,まずNTTドコモが2001年5月末,世界に先駆けてサービスを開始する。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2182文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
KDDI
ソフトバンクモバイル
日本移動通信
update:18/08/06