日経MAC 2000/09号

特集1 もっと上手にCD−R 使いこなしの鉄則30
バックアップのテクニック

システム起動が可能なCD−Rも作れる。ただし起動できるのは基本的に,SCSI接続のCD−ROMドライブのみ。ATAPIドライブから起動できるCD−RはAdaptec Toast 4でのみ作成可能だ。 マック用のCD−R書き込みソフトでは,システムを起動できるCD−Rも作成可能だ。ただし,B’s Recorder GOLDとMacCDR 4.1は,SCSIインタフェースのCD−ROMドライブにしか対応していない。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3028文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > バックアップ・リカバリ
情報システム > ストレージシステム・ソフト > バックアップ・リカバリ
update:19/09/25