日経パソコン 2000/08/21号

ニュース
米ラムバス、1GHz相当で動く 高速なRDRAMを発表 

 米ラムバスは7月31日、現在量産されているPC 800対応のラムバスDRAM(RDRAM)よりも33%高速なRDRAMの仕様を発表した。2001年からDRAMメーカーが量産を開始する。RDRAMはクロックの立ち上がりと立ち下がりを利用してデータを転送するが、新規格では533MHzのクロックを利用するので、実質データ転送周波数は1066MHzに相当する。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:395文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ラムバス
米ラムバス社
update:19/09/25