日経メディカル 2000/09号

医薬情報室 治療薬セミナー
カルシウム拮抗薬の多様な副作用 その作用機序から類推が可能

 現在臨床使用されているCa拮抗薬の副作用としては,比較的発現頻度の高い顔面紅潮,頭痛,頻尿,下肢浮腫などがよく知られている。これらは,薬剤の血管拡張作用に基づく症状とされる。 また,長期服用に際しては,歯肉増殖が問題になることもある。(119〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5118文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
update:18/08/06