日経トップリーダー 2000/11号

ベンチャー最前線
成熟期のFC
制度疲労の危険と隣り合わせ ダスキン紛争に見るFCの陥穽 本部との永遠の共存はありえない

 九月末、マット、モップなど清掃用品レンタル業の最大手、ダスキン(大阪府吹田市、千葉弘二社長)からダスキン最大の加盟店、ナック(東京都新宿区、西山由之社長)宛に一通の警告書が届いた。内容は「貴殿らが指摘する直営店のレンタル商品の廉売を本部が指示した事実はない。したがって、今後、フランチャイズ契約に反するいかなる抗議行動も認めない」というものだ。(38〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4722文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ダイオーズ
ダスキン
update:19/09/24