日経トップリーダー 2000/11号

インタビュー
大槻 眞 プロトン社長
技術者は資金調達の方法を知らない その苦労は想像をはるかに超えていた

大槻 創業後、最初の二年は会社が存在し続けることが経営の主たる目的でした。その次の二年はとにかく売り上げをきちっと伸ばす。さらに、その次の二年は利益がとれる体質にする。いまは、その二年の半分を終えたところですね。——成長スピードもさることながら、社員数がわずか五〇人というのも驚きです大槻 正確にいうと、レギュラーの人間(正社員など)は三三人です。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4815文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
日本IBM
update:18/08/06