日経トップリーダー 2000/11号

関満博が見たモノづくり革新企業
カナヤママシナリー
アルミ合金を「使える素材」に 電子ビーム溶接技術を確立した二代目の「夢」

 各種機械や構造物の軽量化に使われるアルミニウム合金は、リサイクル性に優れることもあって、近年、急速に利用範囲が拡大している。実際、半導体工場の機械設備など、かつてはアルミ合金と縁がなかった製品分野でも、最近はよく使われるようになってきた。 ただ、アルミのように融点の低い金属は、急熱・急冷すると歪みや割れが発生しやすく、溶接が非常に難しい。(82〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3105文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
update:18/08/06