日経トップリーダー 2000/11号

経営指南
会社再建
早めにリストラに着手したのだが 周囲の理解が得られない(精密機器メーカー社長)

 ケガでも早く治療すれば治りやすく、遅れると悪化する。会社経営も同じです。体力があるうちにリストラを断行するという考えは間違っていません。 ただ、気をつけなければならないのは、中途半端になってはいけないということです。周囲を気にして及び腰でリストラに取り組めば、効果が上がらないばかりか、信用不安につながりかねません。(156ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1112文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
update:18/08/06