日経トップリーダー 2000/11号

経営者のための話の小箱
『「借金棒引き」の経済学』ほか三冊

 『「借金棒引き」の経済学』(北村龍行著、集英社新書、六八〇円)は実にタイムリーな本だ。 この一〇年間、金融機関への公的資金注入、大企業への金利減免、債権放棄が続いてきた。なぜエスタブリッシュメントだけが借金チャラになるのか。そんな無秩序な状態を続けていると、この国はどうなるのか…。そんな誰もが感じている疑問に、この本は明快に答えている。(180ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
集英社
update:18/08/06