日経トップリーダー 2000/12号

特集
焦げ付きより怖い信用不安

それまで友好的だった金融機関や取引先が、一度の焦げ付きで豹変することも珍しくない。 従来、連鎖倒産は、売掛金の焦げ付きによって、直接的に資金繰りが破綻するパターンが多かった。これに対して、いま増えているのは、取引先の倒産をきっかけに取引金融機関や仕入れ先などの間で「あの企業は危ない」という信用不安が広がり、経営が立ち行かなくなってしまうパターンだ。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5963文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24