日経トップリーダー 2000/12号

特集
巻き添えを防ぐ三つの自衛策

 連鎖倒産のリスクを減らすために、まず重要なのは、取引先の財務内容を知り、「倒産危険度」を正しく認識しておくことだ。企業倒産に詳しい村松謙一弁護士は「中小企業の経営者は取引先に対して、もっと積極的に情報開示を求めていくべきだ。財務諸表をすべて入手するのは無理でも、貸借対照表と損益計算書ぐらいは毎年必ず見せてもらう必要がある」と話す。(30〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4770文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24