日経トップリーダー 2000/12号

ベンチャー最前線
SOHO支援
 「ハコモノ」だけでは時代遅れ 様々な経営支援が続々と登場 営業活動、福利厚生面などで事業者の悩みを解決

 横浜市に住む下崎勇生氏は一九九八年四月、勤めていた機械メーカーを辞め、がん治療に使う加温装置などの開発から、製造、販売計画の作成までを請け負う企画会社、ブラスト(横浜市)を資本金三〇〇万円で設立した。パソコン一台で仕事をこなす 顧客とのデータのやり取りや、工場との連絡はすべて電子メールを使う。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3984文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
update:19/09/24