日経トップリーダー 2000/12号

商人の遺伝子
作家/加来耕三 挿画/有福辰也

 一見すれば、日本橋商人は気楽であったように思える。なにしろ、客の絶対数が多い。加えて、西鶴の言葉を借りれば、「大名気(だいみょうぎ)」「大腹中(だいふくちゅう)」という相場ちがいの高値、祝儀価格でものを買う習慣が、いつしか江戸っ子の中に定着していた。 だが、客が多ければ商売敵(がたき)の数もそれに比例してふえるのが道理。(118〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4207文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
三越伊勢丹
update:19/09/24